タグ:肩こり

 

STRETCHES for WRISTS

 

最初ヨガのポーズ慣れないうちは、手に体重がかかって
手首が疲れたように感じることがあります。 

そんな時は、手首のストレッチを行ってから次のポーズを行うようにしてください。
ケガの予防になります。

HOME YOGA ( 自宅でヨガを始めるための動画 )では、
座って行うものと、四つんばいで行うものを紹介しています。


 

Wp pic wrist stretch 01

 


 

 

手首・前腕を伸ばすことは、首・肩のコリの解消にも効果的

 

手首・前腕のストレッチ 

EXTENSION  = 伸展
FLEXION = 屈曲 


肩が凝っているなぁ、という場合、そのコリは
指先・前腕の疲れが原因のこともあります。

仕事中、パソコンのしすぎで手首が疲れた時にもおすすめです。
デスクワークの間にも簡単に行えます。

 

Wp pic wrist stretch 04

 
 
 
 

Steps

イスの上で行う
  1.  座ったまま片腕を前へ伸ばす
  2.  反対の手で、手の甲を自分の方へ折るようにする  ( )
マットで行う
  1.  四つんばい
  2.  手の甲を床にあて、指先をヒザの方向へ向ける 片手ずつ行います
  3.  背中を丸める ( ) 
  4.  反対の手も行う 痛くなければ両手一緒に行ってもOK



Wp pic wrist stretch 02

Wp pic wrist stretch 03

BENEFITS

  1.  手首を柔らかくする
  2.  肩コリの解消
  3.  背中を深めるのハリを和らげる
  4.  ケガ腱鞘炎をふせぐ
  5.  前腕のストレッチ

Tips 

  •  イスに座ったままでも行える
  •  四つんばいで行う時は、痛くなければ両手一緒に行ってもOK
  •  背中を丸めることで、肩甲骨から手首までののカーブをイメージ
  •  手の甲をしっかりと床につけること
      :手の甲が浮きやすいので注意


Video


HOME YOGA ( 自宅でヨガを始めるための動画 BASIC1 )では、
ダウンドッグのあと、手首のリカバリーとして行っています。

慣れていないうち、ダウンドッグで手首のほうへ体重を乗せやすいからです。

きちんと正しくポーズをとることができると、手首は痛くならないので、
もし手首が痛いなと感じたら、
正しく体重を支えられていないかもしれないかもしれません。

→ ポーズの修正が必要


ケガのないように、ヨガの練習を続けましょう。
 
 
 
 
 

| YOUTUBE |

 

 

 

 

OM Shanti Peace

 

 

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS

pic_burner_homeyoga

みなさんのシェアやいいね でもっとヨガが広まる!

 

 

 

 

ARDHA PURVOTTANASANA


アルダプールヴォッターナーサナ
Ardha = Half 半分
Purva = east  東
Ut = intense しっかりと, つよく
Tan = stretch  伸ばす
Asana = pose ポーズ

アルダプールヴォッターナーサナは、逆テーブルのポーズという呼びかたをします。
体の前面、とくに
肩を伸ばすのに良いポーズです。

肩が丸まった状態で長時間過ごしたあと ( オフィスワーク運転 ) などに行っていただくと、肩コリの予防・解消に効果的です。
 

Wp pic tabletop 00


スポーツのあと、肩のメンテナンスにも最適

 

スポーツによっては、肩がうちに入ったポジションが基本フォームであることも。

( 例 : 水泳・バイキング・テニスなど )

少し前傾姿勢になるようなスポーツの場合も、
運動後、
逆テーブルのポーズで肩を伸ばすようにしましょう。

ケガの予防パフォーマンスの向上につながります。

 

Wp pic tabletop 02
 

 


Steps

  1. ヒザを曲げて座る
  2. 手は指先を前に向けてお尻のうしろ  
  3. ひといき吐く  (  )
  4. 手でマットを押しお尻を持ち上げる  (  )
  5. 手が肩の下・カカトがヒザの下にくる 
     背中が床と平行・視線は天井に 

 

BENEFITS

  1.  のストレッチ
  2.  おなかを伸ばす
  3.  コア体幹の強化
  4.  姿勢をよくする
  5.  手首を強くする
  6.  疲れ・イライラの軽減  気持ちが明るくなるポーズ

Tips 

  •  お尻をしっかりと持ち上げる
  •  足は腰幅・つま先を平行にする
  •  ヒザが開かないように気をつける
  •  手でマットを押し、胸・肩をひらく
  •  視線は天井
  •  余裕がでてきたら、ヒザを伸ばして行う 逆プランクポーズ


Video


HOME YOGA ( 自宅でヨガを始めるための動画 WARM UP1 )では、

ヒザを曲げて行う 逆テーブルポーズ ( アルダプールヴォッターナーサナ )と、
ヒザを伸ばして行う 逆プランクポーズ ( プールヴォッターナーサナ ) の両方を行っています。

 

Wp pic tabletop 01

 

どちらのほうが行いやすいかは、柔軟性体幹の強さによります。

コアがないうちに無視してポーズを行うと、手首や腰を痛める原因になるので、
いまの自分自身にちょうどよいほうを選ぶようにしましょう。
 
 

ビギナーはまずテーブルトップから

 
ヒザを伸ばして行うプールヴォッターナーサナと比べ、
ヒザを曲げているぶん、お尻を持ち上げやすくなります。

初心者であれば、まず 
逆テーブルポーズから行ってみましょう。


→ point : 自分にあったポーズレベルを選ぶ

 
 
 
 
 
 

| YOUTUBE |

2:30 〜 逆テーブル・プールヴォッターナーサナ

 

 

 

 

OM Shanti Peace

 

 

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS

pic_burner_homeyoga

みなさんのシェアやいいね でもっとヨガが広まる!

 

 

 

ヨガ経験のないかたも、おうちでヨガを始めることができる「 HOME YOGA video

WARM UPシリーズでは、
体を温める上半身のストレッチや・背骨のほぐしを行って、
後半のBASICシリーズ・CONDITIONINGシリーズで
ヨガのポーズをとりやすいように準備をします。

WARM UP2pose④は、
糸通しのポーズ /
Thread the Needle Pose

このポーズは、簡単に肩が伸ばせて気持ちが良いので、
オールレベルのヨクラスなどで、よく行われます。

HOME YOGAの動画では、
肩足をひらいて、股関節をひらくアレンジを加えています。


PARSVA BALASANA

パールシュヴァ バーラーサナ
Parsva = extended  伸びた
Bala = child 子供
Asana = pose ポーズ
Thread the Needle Pose
針の糸通しのポーズ

homeyoga_pose30_15_threadtheneedlepose_02



Steps for Tread the Needle Pose

① 四つんばい

② 右足を外側へひらく
 右のカカトと左のヒザが横一直線
 右のつま先は外向き

③ 左の腕をあげる ( 吸 )

④ 右ワキの下へ通す ( 吐 )
 右の肩をしっかりと差し込む
 手のひらは天井を向く

⑤ 左腕は、頭の向こう側へ伸ばす

⑥ 余裕があれば、右の腕を腰のうしろに巻きつける

- - - - - - - - - - - - - - 

 Tread the Needle Pose Pose

をひらく
 腰骨から伸ばした手の指先まで

 リラックス効果

 肩コリの解消

背中をほぐす

腰痛を和らげる



Tips 

● 腕を通すとき、肩の外側がしっかりとマットにつくぐらい深く差し込む

● 余裕があれば右手を腰の後ろへ巻きつける
 → 胸がよりひらく
 右肩を少し外へひらくようなつもりで行うのがポイント

● 
 つらい時は、右手は顔の前に置いておく

● ヒザが痛いときは、タオルを折りたたんでマットについているほうのヒザの下に置く
 それでも痛い時は行わない
 ヒザをケガした直後なども行わない


● Stepsの②で、右足を外へ開かず、四つんばいのまま行うことが多い

homeyoga_pose30_15_threadtheneedlepose_01

日本だとあまり聞きなれませんが、
英語だと「 パールシュヴァ バーラーサナ 」という呼び名もあって、
伸びた子供のポーズ 」という意味になります。

ヨガのおやすみのポーズ代表でもある、
「 子供のポーズ 」というくらいですから、

十分にリラックス・身体を休ませましょう。










動画でYOGAをする :) 
professional videos  
→   

class
→ 



Thread the Needle POSE  
( 動画でポーズを見る )















ヨガ経験のないかたも、おうちでヨガを始めることができる「 HOME YOGA video

WARM UPシリーズでは、
体を温める上半身のストレッチや・背骨のほぐしを行って、
後半のBASICシリーズ・CONDITIONINGシリーズで
ヨガのポーズをとりやすいように準備をします。

WARM UP2pose③は、
凱旋門のポーズ /
Gate Pose

長時間の座り姿勢などが原因で、縮こまってしまいがちな
肋間部分の筋肉を伸ばすポーズ。

横隔膜の動きがスムーズになり、
日常の呼吸も深まります。


PARIGHASANA 

パリガーサナ
Parigha = a bar or beam that is used to lock a gate  門をロックするバー
Asana = pose ポーズ
Gate Pose
凱旋門のポーズ

homeyoga_pose30_16_gatepose_02

Steps for Gate Pose

① 四つんばいからスタート

② 右足を外側へひらく
 右のカカトと左のヒザが横一直線
 右のつま先は正面か、横向き  どちらでもok 

③ 両手を腰において上体を起こす

④ 両手を肩の高さ ( 吸 )
   (  時間があれば 8セットくらい )

⑤ 上体を右へかたむける ( 吐 )
 右手はスネ・左腕は空の方向へ伸ばす
 視線は正面のまま

- - - - - - - - - - - - - - 

Benefits of Gate Pose

体側を伸ばす 
 腰骨から伸ばした手の指先まで

 肋間筋のストレッチ
 横隔膜や肺の動きがスムーズになります

 背骨の柔軟性

をやわらげる

骨盤の調整



Tips 

●  上体をたくさん倒す必要はありません。
 可動域に応じ、数センチ倒すだけでも十分。


● 右手の位置に注意
 × ヒザの上には置かない ( ヒザは関節なので押してはダメ )
 まずスネの上へ置き、大丈夫なようであれば、吐く呼吸とともに、手の位置を足首のへと少しずつスライドさせてみる。
 スネだと遠く感じる時は、ヒジが曲って良いので、右のモモの上に添える。

● 右手に体重を乗せすぎないように

両方の内ももを左右に集めるような意識で行う
 内転筋がはたらきます

homeyoga_pose30_16_gatepose

長時間、座った姿勢でパソコンに向かうことで、
自然と上体は丸まって、縮こまりやすい状態に。

そのために、肋骨の下にある
横隔膜という呼吸に使われる筋肉の動きが悪くなり、
結果、呼吸が浅くなってしまいます


パリガーサナのポーズで、
体側とお腹の筋肉を伸ばすことによって、
自然と日常でも深い呼吸が続くようになります。

なんだか息苦しく感じる〜(涙)

というかたは「 ろっ骨の動きをよくする 」を意識して、
ポーズを試してみてください。










動画でYOGAをする :) 
professional videos  
→   

class
→ 



GATE POSE  
( 動画でポーズを見る )















ヨガ経験のないかたも、おうちでヨガを始めることができる「 HOME YOGA video

WARM UPシリーズでは、
体を温める上半身のストレッチや・背骨のほぐしを行って、
後半のBASICシリーズ・CONDITIONINGシリーズで
ヨガのポーズをとりやすいように準備をします。

WARM UP2pose②は、
「 キャットカウポーズ /
Cat and Cow Pose

キャットポーズ ( ネコ )とカウポーズ ( ウシ )は、
1つずつ行うのではなく、たいてい一緒に組み合わせて行います。

背中を波のように大きく動かし続けることで、
背骨のアライメントが整い、
後半のヨガのポーズがぐっととりやすくなります。

MARJARYASANA / BITILASANA

マルジャーラ
Marjari = cat ネコ
Bitila = cow ウシ
Asana = pose ポーズ
Cat & Cow Pose
ネコとウシのポーズ

キャット & カウ エクササイズは、
背中を丸めて ( 吐 )、反らせる ( 吸 )という、
シンプルな動き。
初心者のかたも簡単に行うことができます。

何回か繰り返すうちに、
自然と
深くゆっくりな呼吸になります。

homeyoga_pose30_17_catcow_04

Steps for Cat & Cow Pose

① 四つんばいからスタート

② 吐く呼吸で手でマットをぐっと押し、背中を丸める
 視線 : おヘソ

③ 吸う呼吸で尾骨から1つずつ背骨を反らせる
 視線 : 天井

④ 背骨がほぐれてくるまで繰り返します
   (  時間があれば 8セットくらい )

- - - - - - - - - - - - - - 

Benefits of Cat & Cow Pose

① 体を温める ウォーミングアップ

 背中をやわらかくし、可動域を広げる
 他のヨガポーズがとりやすくなる

 のストレッチ
 背中や腰の痛みを予防する

を開く
 ゆっくりと深い呼吸に。
 

背骨の歪みや姿勢のクセを矯正
 背骨を正しいアライメント

⑥ 呼吸に合わせて動くことで、気持ちがリラックス
 ストレスリリーフの効果


Tips 

 | キャットポーズ |

● 頭を下げ 首の後ろをリラックス

● おヘソを背骨の方へ引き上げる感覚で、腹部のマッサージ

 | カウポーズ |

● 尾骨から動かすように 首・頭は最後に動く

● 耳と肩を遠く

● 背中で肩甲骨を中心に寄せるようにして胸を開く

homeyoga_pose30_17_catcow

homeyoga_pose30_17_catcow02

背骨を動かし、柔らかくすることは、
全身の調子を整えます。

朝起きた時や、長時間座る姿勢が続いたあとなどに行ってみてください。
きっと、背骨がスッと伸びたように感じられますよ!








動画でYOGAをする :) 
professional videos  
→   

class
→ 



CAT & COW POSE  
( 動画でポーズを見る )















↑このページのトップヘ