カテゴリ:HOME YOGA > HOME YOGA | BASIC2

ヨガ経験のないかたも、おうちでヨガを始めることができる「 HOME YOGA video

実際のヨガレッスンと同じ流れで進む
WARM UPBASICCONDITIONINGの3つのカテゴリー

BASICシリーズでは、
クラスの中盤の動きを行うヨガの基本立ちポーズを行います。

pose②は、力強い戦士のポーズ
戦士のポーズには1番から3番まであり、
HOME YOGAでは1番と2番を行います。

VIRABHADRASANA 1

ヴィラヴァドラーサナ1
Virabhadra = warrior  戦士 英雄
Asana = pose ポーズ


Warrior1 Pose
戦士のポーズ1

全身を使って呼吸をすることで、
身体中が活性化されます。

戦士のポーズシリーズは、
毎回のクラスでほぼ必ず行う大事なポーズ

くり返し行うことで体力もつきます。

homeyoga_pose30_warrior1_4

Steps for Warrior1 Pose

① 両足をそろえて立つ

 右足をうしろへ引く
 右のつま先は斜め外へ向けカカトを床につける

③ 腰骨を並行にととのえる
 右の腰を前へ押し出すようにすると並行になりやすい

④ 
両腕を頭の上へ ( 吸 )
 手のひらどうしを合わせ合掌

 視線を空へ向ける

Benefits of Warrior1 Pose

下半身強化

② をひらき、肺での呼吸を深める

下半身の安定感を育てる

④ 全身での呼吸により、身体中が活性化する

⑤ バランス集中力を高める

体力をつける


Tips 

● 肩がくるしい時
   → 両腕を並行、もしくは肩幅より広めにひらく


首がつらい時は
   → 視線は正面のまま


● うしろのカカトがつかない時
   → カカトを上げて行う

homeyoga_pose30_warrior1



Warriorシリーズは、
ダウンドッグ四つんばいからの流れで行うことが多く、
その方が正しいアライメントを確認しやすいです。


動きの詳細は
動画でご確認ください。






動画でYOGAをする :)
videos  
→   

class
→ 












ヨガ経験のないかたも、おうちでヨガを始めることができる「 HOME YOGA video

実際のヨガレッスンと同じ流れで進む
WARM UPBASICCONDITIONINGの3つのカテゴリー

BASICシリーズでは、
クラスの中盤の動きを行うヨガの基本立ちポーズを行います。

pose①は、全身を伸ばし姿勢をよくする側屈のポーズです。

URDHVA HASTASANA
ARDAHA CHANDRASANA 

ウルドゥヴァハスターサナ アルダチャンドラーサナ
Urdhva = upward  上に
Hasta  = hand 手
Asana = pose ポーズ

Ardaha = half 半分の
Chandra = moon 月 

Upward Salute Side BendPose
Side Bandign Pose
側屈のポーズ

しっかりとグラウディング( 足でしっかりと床を押す ) 意識することで、
体側だけでなく、お腹やモモ・ウエスト、全身がストレッチされるポーズです。


homeyoga_pose3-_sidebend2

Steps for Side Bend Pose

① 足を腰幅にして立つ 
 ※ 両足を揃えて行ってもよいです

 両腕を頭の上で合わせ合しょう

③ 上半身を右へ倒す ( 吐 )
 腰骨は左へ押し出すイメージ
 右の体側を押しつぶさないよう、上へ伸びるように行います

④ 
中心にもどる ( 吸 )

 上半身を左へ倒す ( 吐 )
 腰骨は右へ押し出すイメージ
 左の体側を押しつぶさないよう、上へ伸びるように行います


Benefits of Side Bend Pose

体側全身のストレッチ

② 姿勢の改善

背骨の動きをよくする

④ バランス集中力を高める

⑤ 消化機能を高める


Tips 

● 体がネジれないように注意
 ( 右へ倒す時 )
   左の肩が内側に入りやすくなる  →  顔・胸は正面に向ける

視線は正面

● 背骨の1つ1つの間を広げるように上へ伸びる

● 体重が外へ逃げないよう、内モモを中心に寄せるイメージをもつ

homeyoga_pose3-_sidebend


グラグラしなければ
両足をぴったりと閉じて行います。

( 土台の面積が小さくなるので、バランスが難しくなります )





動画でYOGAをする :)
videos  
→   

class
→ 












↑このページのトップヘ